ONETEAM

Client
gloops, Inc.
Role
Planning, Design, Development, Video
Date
Aug 2016

Overview

A drama of people who are passionate about game development.

ゲーム開発に情熱を注ぐ人たちのドラマを

モバイルゲーム業界で働く人々にスポットを当て、日々ゲーム開発に情熱を注ぐ姿を、そして、チームでローンチを目指す姿を描いた6編からなるショートドラマと特設サイトを制作いたしました。ドラマの舞台はゲームデベロッパー企業「gloops」そこで働く様々なバックグラウンドや想いをもったメンバーたちが誰も見たことのない「一歩、時代の先を行く」ゲームを、そして業界に爪痕を残す作品をつくるために、日々情熱を持って奮闘しているさまを描いたドラマです。

Insight

To know 'the bitter and the sweet' of being on the job.

現場の『酸いも甘いも』を知るために

まずドラマのコンテンツを制作していく上で、徹底的なインタビューを重ねました。実際にgloopsに所属する制作メンバーの話を聞き、自身たちの仕事において、うれしかったこと、そして辛かったこと、仕事を通しての面白み、様々な意見を集約し、gloopsの制作の中で起こるドラマチックな場面をもとに、脚本を書き上げました。

Idea

A realistic drama, and a website that is like the game.

リアルなドラマ、ゲームらしいサイト

ドラマ撮影はgloopsのメンバーが、日々情熱を注いでゲーム開発をしている社内で行いました。情熱性やデジタルクリエイティブから想起されるような撮影トーンの中で、総勢100名近くの中からオーディションで決定した演者たちにゲーム開発における喜び、悲しみ、そしてチームクリエイティブの強さを表現してもらいました。特設サイトでは、個々の登場人物の性格的な特徴を表層化した、かつゲームらしいモチーフ、アニメーションを採用し、物語との親和性を意識しながら制作を行ってまいりました。

全6話のドラマをいかに続けてみてもらうか。今回のサイト設計では大きな課題でした。その課題を解決するために、WebGLを採用し、個々のストーリーに内在する独自のインパクトを アニメーションとグラフィックで表現しつつ、タイマーでシームレスに自動遷移するメインページと、よりドラマを詳しく説明する情報ページという設計のもと、サイトを制作。メインページの自動遷移は、一つのオープニングムービーとして成立するようにアニメーション設計。また「モバイルゲーム制作」という題材を意識し、レスポンシブかつスマートフォンでもストレスなくアニメーションを体験できるような実装を行いました。ドラマをみるだけのサイトではなく、ドラマの世界を補填しつつ、最大化するサイトを作ることができたと思っています。

Project team

Takuma Kato
CEO / Producer
Wataru Urakawa
Senior Planner
Junichi Nishiyama
Senior Interactive Designer
Noboru Oikawa
ArtDirection / Design
EPOCH Inc.
Partner
ROBOT COMMUNICATIONS INC.
Partner

Related Projects